車とバイクに関するメモ

見たり触ったり調べたり改造した車、バイク、カメラや家電に関するブログです。 タント(LA600S)、レヴォーグ(DBA-VMG)、SUPER9S、α6400に関する情報多めです。

家にある写真を節目写真館でまとめてデータ化(デジタル化)しました!

PR

【買取】でも【下取】でもない新しい車の売り方は【出品】!
個人売買代行で買取や下取りでは想像できない価格が!?
詳細はAncarのサイトでどうぞ!

2019/8/6追記

8/6~8/20まで最大1万円の還元中です!ご興味のある方は今がチャンスです!

 

今回は家にあるフィルムやアルバムを節目写真館でデータ化するまでの経緯と、デジタル化サービスのレビューです。

  

 

 

なぜデータ化をしようと思ったのか

そもそも、なぜ写真をデータ化しようと思ったかというと、主に以下の点があります。

  1. 部屋の整理整頓をしたかった。
  2. GooglePhotoでいつでもどこでも写真がみれる環境を家族で構築したため。
  3. 火事や天災に見舞われた時にせめてバックアップが欲しかったから。

 

最大の理由は、家族ができ、子供が産まれ、実家に戻ってきて家が手狭になったので部屋の整理整頓をしたかったからです。

写真をデータ化するからといって元の写真を処分するわけではありませんが、少なくとも場所を移動し、普段取り出すことができない場所にしまっておくことができると考えました。

 

そして、実家に帰ってきた後に両親含め家族全員のスマホをiPhoneにし、家庭内のIT環境の整備をしていました。そこに写真が趣味になってきて、GooglePhotoでいつでもどこでも写真がみれる環境を作ったので、その環境に昔の写真をデータ化してとりこんであげるといつでもどこでも家族全員で写真を見ることができ、それが親孝行になるかな、と考えました。

ちなみに母親は定年後整理しきれなかったアルバムを整理したいと言っていたのでそーいったことも理由のひとつでした。

 

最後の理由はいわゆる災害によって大切な情報を紛失してしまわないようにしようと思ったことです。地震や津波、火事や震災などで昔の写真が無くなった、という話は心が痛みました。そこで、もし万が一があっても情報のバックアップを万全にしたかったからです。

また、そもそも保管状態が万全というわけではなく、雨漏りや湿気で写真がダメになる、ということも考慮し、よりデータ化へ心が傾きました。

 

このような運動会の写真、いつまでも大切に保存しておきたいですよね。

 

以上の観点から写真をデータ化しようと決意しました。

 

データ化をどうやって行うのか

問題はデータ化をどうやって行うのかです。

私がデータ化を行う際に気になったことは

  • そもそも自分でデータ化できるのか?
  • アルバムはそのままデータ化できないか?
  • フィルムは現像してデータ化できないか?
  • 同一写真が複数あるがどうするのか?

といった点でした。

 

そもそも自分でデータ化をするためにはスキャナを購入する必要があり、スキャナもそれなりの品質を確保しようと思うとそれなりに高額です。

また、アルバムのデータ化やフィルムの現像となるとより大変で、なにより写真が何千枚あるかわからない状況で自分でデータ化をするのはあまりに非現実的だという結論になりました。

 

こんな写真がたくさんあります…。

 

そこで、写真をデータ化してくれるサービスを探しました。

候補はいくつかあったのですが、その中で私は節目写真館というサービスを利用することにしました。

 

節目写真館

 

なぜ節目写真館にしたのか

まず第一に価格です。

写真のデータ化がこんなに高額だとは思いませんでした。

作業量を考えれば当たり前なのですが…。

節目写真館には「スキャン放題」というサービスがありました。

(※2017/3/14でサービスを終了したみたいです)

これは写真を1万枚まで定価でデジタル化してくれるというサービスです。

私のような「何枚あるかわからない」「同じ写真が複数あるけど仕分けられない」といったズボラな人にはもってこいのサービスでした。

料金が安いのには理由があって、写真をベトナムに送り、ベトナムでスキャン作業を行い、写真を送り返してくる、そのため時間がかかる(約6か月)とのことでした。

私としてはデジタル化を急いでいる訳ではないので全然問題ありませんでした。

 

こんな50年近く前の写真もあるんですよ…

 

また、写真の高画質データ化(600dpi)やフィルムのスキャン、アルバムをページ丸ごとスキャンしデータ化、さらにアルバムの写真一枚一枚のデータ化も行って貰えるとのことで願ったりかなったりでした。

私の母親は大変マメで、アルバムにコメントを書いたりしていたのでその雰囲気丸ごとデータ化できるのは非常に心を揺さぶられました。

 

懸念点は、写真紛失・破損時の補償がほとんどない(輸送中のトラブルは保障されない)という点でした。

正直、写真の紛失・破損に関しては非常に悩みました。

ただ、これを防ぐには最寄りのカメラのキタムラなどに持ち込んでデジタル化サービスを受ける、といったパターンしか対処法がないのですが、価格差がありすぎたためここは信じていくことにしました。

そもそも紛失や破損が頻発しているようではサービスとして成立してないでしょうし。

 

そんなこんなで家族を説得し、節目写真館でデジタル化を頼むことになりました。

 

申し込んだ内容

私は以下の内容で申し込みをしました。

  • スキャン放題・高画質保存コース   42,984円 x 1
  • スキャン放題・アルバム品質アップ   21,600円 x 1
  • スキャン放題・フィルムスキャン   10,800円 x 1
  • スキャン放題・ポケットアルバムスキャン   申し込む

段ボールは5箱になりましたが、送料は無料のキャンペーン中でした。

お見積りの結果、上記の合計+ポケットアルバムスキャン代で83184円となりました。

 

実際の申し込み~写真のデジタル化、返送までは以下のような感じでした。

 

2016/12/8 スキャン放題に申し込む

2016/12/11 段ボールが届く

2017/01/27 写真の内容確認終了・支払い

2017/06/20 デジタル化されたUSBが送付されてくる

2017/07/26 写真の返送案内が届く

2017/08/04 写真の返送が行われる

 

スキャン放題であったため、届いた段ボール+追加の段ボールにバラ写真だろうが卒業アルバムだろうがフィルムだろうが重複があろうがなかろうが全て詰めて送るだけで非常に簡単でした。

 

スキャンされた写真がこちら

 

ありがたいことに、写真に日付が入っているとExif情報に該当日付を入れてくれる節目スタンプというサービスがあるおかげで日付入りの写真はそのままGooglePhotoにアップロードするだけで日付順に並んでくれます。

これ、日時不明のデータを写真の内容を目印に大量に修正する作業は正直いって心が折れる作業となるため大変助かります。というか残ったデータの日付を修正していて心が折れました笑。

 

また、おまかせ色補正オプションもつけていたため、以下のような黄ばんでしまった建前の餅まき写真が

このようにきれいな写真となってスキャンされてきます。

色補正前と後、両方のデータがすべて入っているのはとてもうれしくて、味のある古い写真と補正後のきれいな写真データはどちらも価値があると思います。

 

アルバムはこのようにページ単位でデータ化されます。

写真だけでなくコメントや付箋もすべてそのままデータ化されます。しっかし本当にマメな母親です。私が10歳の頃までずーっとこのようなコメントが残されていました。ちょっとグッときますよ。

表紙もしっかりとデータ化されるのですっごくいい感じです!

もちろん卒業アルバムも全ページデータ化されています。

こちらはアルバム内の写真がデータ化されたものです。いわれないと気が付かないくらいきれいにスキャンされています。

 

これは予想外だったのですが、こんな横長の写真もきっちりとデジタル化されています。

学生時代の集合写真とかもきれいにスキャンされていました!

 

まとめ

正直言って満足感がすごいです。

極端なことを言えば部屋が広かろうがバックアップが不要であろうが過去の写真をサクッとタブレットやスマホで見たい人にはもってこいのサービスだと思います!

両親にもとても喜ばれ、少しは親孝行になったかな、という感じです。

 

また、両親もすっかり忘れていた写真なんかも出てきて昔の両親の話に花が咲いたり自分の子供のころの話を聞かされて今まさに子育て中の私にはとってもいい時間を過ごすこともできました。

幼少期の親父だそうです笑。イケメンじゃねーか!何で遺伝しなかったのか…

 

気になっている方はぜひとも節目写真館で写真をデータ化(デジタル化)してみてはいかがでしょうか?

 

節目写真館のサイトはこちら 

 

 

※この記事は投稿日時点の情報です。サービスや価格変更している可能性があるので、詳細は節目写真館のホームページでご確認ください。

 

2019/8/6追記

8/6~8/20まで最大1万円の還元中です!ご興味のある方は今がチャンスです!