車とバイクに関するメモ

見たり触ったり調べたり改造した車、バイク、カメラや家電に関するブログです。 タント(LA600S)、レヴォーグ(DBA-VMG)、SUPER9S、α6400に関する情報多めです。

レヴォーグのカーナビ(DIATONE SOUND.NAVI NR-MZ90)の地図更新をやってみた!

レヴォーグについているカーナビの地図更新をやってみました。

 

 

レヴォーグに取り付けてあるナビは

DIATONE SOUND.NAVI NR-MZ90

です。

 

NR-MZ90は購入時から三年間で2回地図の無償更新が行えます。

私で言うと、購入時は2015年度なので

  • 2015年度
  • 2016年度
  • 2017年度

から2回分を選べます。 

 

私としては購入した2015年度の最新地図は不要なので

2016年度と2017年度の2回の更新を行うつもりでいました。

 

で、今回はその2016年度の地図更新となります。

 

始めに用意しておくもの

まず、三菱電機のサウンドナビの地図更新を行いたい場合は

三菱電機カーナビゲーションシステム OpenInfoサービスに申し込む必要があります。

www.mitsubishielectric.co.jp

 

こちらで申し込みを行っておくと、以下のようなお知らせのメールが届きます。

f:id:iseise:20171019171956p:plain

で、このメールから無償地図更新の申し込みを行うのですが、

その際にカーナビから地図申請コードをゲットする必要があります。

詳細はこちら

三菱電機 カーナビゲーション:申請コード取得方法

 

で、その後OpenInfoサービスにログインし、無償地図更新の申請を行う必要があります。

三菱電機 カーナビゲーション:OpenInfoサービス ログイン・会員登録

 

前準備が非常に大変ですが、さらに更新用の地図データの入ったDVDが届くのは

申請から1ヵ月くらいかかります…

 

あと、地図更新に使用する認証コードというものを覚えておく必要があります。

(更新時にナビに入力する必要があります。)

 

届いた地図データのDVDがこちら!

1ヵ月後、地図データのDVDが届きました。

 

中身はNAVIGATION MAP DVDと地図更新の方法が載っている説明書などです。

 

あとはこの説明書に沿って更新していきましょう。

 

実際にやってみた

確か、DVDを入れて、INFOより地図データ更新を押すだけのはずです。

 

地図データ更新を押すと以下のような画面が出てきます。

こ、更新に90分

でもエンジンを切ることができそうなことが書いてあります。

とりあえず更新するをタッチします。

 

するとなにやら入力する画面が出てきます。

認証コードの入力画面です。

上でも書きましたが、認証コードはOpenInfoのサイト内にあります。

サイトはこちら

三菱電機 カーナビゲーション:OpenInfoサービス ログイン・会員登録

 

無事入力が終わると更新がスタートします。

ってエンジン切れないじゃん!

うそつきじゃん!

もし最初の話を鵜呑みにして切っちゃったらどうすんのよ!

 

とりあえずしばらく待ちます…。

すると…

画面が落ちたー

 

と思ったら更新が始まりそう!

 

で、どうやら無事に更新が始まったようです。

 

どんどんブロックの数が増えていきます。

でも確かにこれはかなり時間がかかりそうです。

 

…と地図データ更新を行っていると、なんと妻から外出のお知らせが…

とりあえず地図を更新しながら外出し、

駐車場に付いたのでエンジンを切ってみました。

 

…ドキドキ

……ハラハラ

無事更新の続きが動き出しました!

 

いやーエンジン切っていいとは書いてあってもドキドキもんですわ。

 

そしてついに…

更新が終わったーー!

…と思ったら

またかーーーい

またエンジン切ったらあかんのかーーい

 

とかなんとかありながら無事更新が終わりました。

 

結果は…

更新についてあれこれ書きましたが、作業自体は非常に簡単でした。

マニュアル通りに進めていくだけです。

 

無事地図も更新され、新しく出来た道が登録された状態になりました。

 

最後に気になったことをひとつ

もしエンジン切っちゃいけないときに切ったらどうなるんだろう…

(たぶん立ち上がらなくなっちゃうんだろうなー)