車とバイクに関するメモ

見たり触ったり調べたり改造した車、バイク、カメラや家電に関するブログです。 タント(LA600S)、レヴォーグ(DBA-VMG)、SUPER9S、α6400に関する情報多めです。

私の車遍歴と私が車が好きな理由

PR

【買取】でも【下取】でもない新しい車の売り方は【出品】!
個人売買代行で買取や下取りでは想像できない価格が!?
詳細はAncarのサイトでどうぞ!

このページでは私の車遍歴と車とのあれこれを書いていこうかと思います。

 

 

 

私がまだ18歳の高校生のころ、すでに車好きではありましたが、当然車は所持していませんでした。

我が地元はとても田舎なので、車で移動する=自由、のイメージが強かったこともあり、高校を卒業したら免許を取ってかっこいい車に乗るんだ!と勝手に考えていました。

 その当時の私はとにかく屋根の低い車、ヘッドライトの薄い車が好きなようで、当時はホンダのアコードワゴンやセダン系の車が好きで、今でも基本的には変わりません。

http://www.goo-net.com/carphoto/10202001_200006.jpg

アコードワゴン、やっぱりかっこいい…

そんな中、インターネットで一台の車と出会います。

そう、レガシィです。

http://catalogphoto.goo-net.com/catalog/photo/l/10452001_200005.jpg

BH系レガシィです。

当時、アコードワゴンの評判はあまりいいものではありませんでした。

「燃費が悪く、ガソリン垂れ流し」「乗り心地最悪、運転スキルがないと勘違いされる」などなどそれはひどいものでした。(アコードワゴンファンの皆様ゴメンナサイ)

いっぽうレガシィの評判はあまり悪くなかったように記憶しています。

その時私は

アコードワゴンのほうがかっこいいけど、ダサい(失礼)レガシィのほうが走りがいんだ!なら僕はレガシィに乗りたい!

と思った訳です。

 

そして免許を取り、親に頼み込んで車を一台買ってもらいました。

何もこれがいい!なんて言いません。

「免許とったし、車乗る練習しなきゃいけないし、車を買っていただけませんか?できればアコードワゴンやレガシィツーリングワゴンのような車がいいです。」

そう伝えました。

そして我が家に納車された車が

…うん、10系セルシオだね。

16万キロも走っているね。

当時の私はポカーンでした。

いや、ありがたいんですよ?親に買っていただいた分際で文句なんて言えないんですよ?でもなんだろう、練習するには大きな車だし、私の求めていたフォルムとはずいぶん違うし、この色はいったい何色なんだろう??

と思いつつ感謝したことを覚えています。

ちなみに車両価格は50万しなかったそうです。

そして今となっては私はこの車に大変感謝しています。

腐ってもセルシオです。すばらしい車でした。

初めて運転した時なんか「は?なにこれ?静か過ぎる。カラオケボックスが走ってるみたい」なんて素っ頓狂な感想を発したくらいでしたし、長期連休ごとに600km近くを往復するのだってめちゃくちゃ快適で、より車好きになったのは言うまでもありません。完全にエアサスファンにもなりましたし、見た目より中身が大事、食わず嫌いはいけないといった自分の性格や行動規範を見直すことにさえなりました。

昨今の若者の車離れはこーいうすばらしい中古車に最初期に出会えるような環境ならまた違っていたのかもなーなんて思うくらいです。

 

10系セルシオでは

納車1ヶ月で駐車時にアクセルとブレーキを踏み間違えてぶつけてしまったり、

体調不良の友達を病院に連れて行く途中でスピード違反で白バイに捕まったり、

バイクで帰省する友達について行きながら友達の彼女を乗せて一緒に帰省したり、

バラバラに分解した原付(SUPER9S)を後部座席に乗せて帰省したり、

駐車場代が払えず社中泊したり、

あれこればらしたりつけたりとそれはそれは沢山の経験をさせていただきました。

 

そして2年後の車検時にあっさり次の車に替えられてしまいました。

 

すっかり10系セルシオにお熱だった私は「何で勝手に替えるんだ!あれで50万キロオーバーしたかったのに!」と反抗し、あれはお前の車じゃねぇと怒られた記憶があります。

 

そして次の車がこれでした。

うん、20系セルシオだね!

このときはすっかりセルシオファンだったのですぐにわかりました。

またエアサス仕様だ!まだ6万キロしか走ってないじゃん!後ろにマッサージ機能まで付いてるウヒャー、ってな感じでした。

 

20系セルシオでは

帰省日が台風で死にそうになったり、

帰省日が大雪で国道1号線上で一泊することになったり、

社会人になってすっかり乗らなくなってバッテリー上げてしまったり、

その後ブースターで起動して調子乗って買い物行った先でまた上げてしまったり、

友達とその先輩を出張先まで送っていく当日にバッテリーが上がっていて早朝から泣きそうになったり、

会社員初の給料で買ったヘルシオを実家にドッキリプレゼントしようと思っていた道中で実家に泥棒が入ったという知らせを聞いたり、

嫁さんや子どもを乗せたりといろいろな経験をしました。

 

やっぱり車って面白い。

 

そして2003年、一台の車が登場します。

http://catalogphoto.goo-net.com/catalog/photo/l/10452001_200305.jpg

 

 BP系レガシィです。

これを見た瞬間ビビっときました。

あ、自分がかつて乗りたいと思っていた車がめちゃくちゃかっこよくなって出てきた!!いつかレガシィに乗りたい!

と思うようになりました。

ですが、当然そんな金銭的な余裕もなく、また、セルシオは維持費が半端ないので(10系セルシオも20系セルシオも維持費や車検代は自分で出すようにしていました。)お金が全く貯まっていきません。

 

社会人になって、仕事は電車通勤、20系セルシオの燃費に震え近場はバイクにしていたためバッテリーは減るわ維持費はかかるわで火の車でした。

かといって他の車を考えたとき、死ぬ気で貯めたうん十万で買える中古車で維持費が安いものといったら20系セルシオの足元にも及ばないわけで、乗り換えもしたくないし、なんて状況になっていました。

 

そして、5回目の車検がせまってきました。

 

始めは車検を通すつもりでした。

ですが、あちこち部品の交換が必要だろう、との話をディーラー様から頂きました。

セルシオの部品、めちゃくちゃ高いんです。

部品代だけでうん十万かかるんじゃないかな?とのことでした。

そんな中、一台の車が登場します。

 

http://catalogphoto.goo-net.com/catalog/photo/l/10452019_201406a.jpg

 

そう、レヴォーグです。

私がいつかレガシィに乗りたい!と思っている間に、レガシィツーリングワゴンはその歴史に幕を下ろすことになったのです。

 

いやこれは新車レガシィを買えるラストチャンスなのでは!?という思いと

20系セルシオの維持費やらの計算で購入圏内に入るのでは?という思いから

BR系レガシィに試乗に行きました。

http://catalogphoto.goo-net.com/catalog/photo/l/10452001_201404.jpg

正直、なんだかイマイチでした。

これなら同時に試乗したフォレスターのほうが全然よかった。

ならいっそレヴォーグにするのはどうだろう?

と思い、レヴォーグを見に行ったり試乗したりすることにしました。

正直見た目はめちゃくちゃ好み、というわけではないです。

BP系レガシィが一番カッコいいと思います。

でも、試乗させていただいて、これはいい!となり、10系セルシオの時と同じく見た目ではなく中身で気に入り、欲しい!となりました。

 

でも、正直お高いんです…。

できれば2.0GT-Sが欲しいし…。

なんて思っているうちに、嫁さんが

新古車でよさそうなのあるけど?

と言い出しました。

2015年3月中ごろのことです。

セルシオの車検は2015年3月末までです。

しかも2.0GT-Sでウェルカムライトつきで元展示車両で318万円!

買います!色は本当は黒か白がいいけどスティールブルーグレーメタリックもかっこいいよ、うんうん。

スバルのA型がうんぬんも気にしない!買います!

と車両を見に行ったその場で判子ついてきました。

 

もう今しかないと思ったんです。

嫁さんも乗り気だし、セルシオは車検だし、子どもは生まれる予定だし。

そんなこんなで20系セルシオと約10年に渡るお付き合いをし、

念願の夢であったレガシィの後継車であるレヴォーグに乗ることとなったのです。

 

ということでここまでが私の車遍歴でした。

今でも当然レヴォーグに乗っています。

次の夢は20年後にレヴォーグで北海道一周することです。

 

ちなみに余談ですが、免許を取って初めて乗った車は軽トラで、

その軽トラには山ほどの荷物が乗せられ(物干し竿もあって赤旗ついてた)

死ぬ思いで知り合いの引越しを手伝ったのもいい思い出です。

 

車は人生を運ぶ、なんていうのは大げさですが、

それぞれの車で、それぞれの思い出があって、いいことも悪いことも経験できます。

セルシオも軽トラも全部好きな車なのです。

 

車があればどこでもいけるし、見たことも無い場所にもいけて、時に自分の性格や考え方まで変えてしまう。

これが私が車が好きな理由なのです。