車とバイクに関するメモ

見たり触ったり調べたり改造した車、バイク、カメラや家電に関するブログです。 タント(LA600S)、レヴォーグ(DBA-VMG)、SUPER9S、α6400に関する情報多めです。

タントXターボSA(DBA-LA600S)のマッドガード(泥除け)を自分で取り付けました!(前輪編)

ネットでタントXターボSA(DBA-LA600S)のマッドガード(泥除け)を購入しました。
 
今回は

で購入した嫁さんカーに
ネットで購入したマッドガード(泥除け)を取り付けたので
取り付け方や使用感に関するお話を使用かと思います。
今回は前輪編です!

タントXターボSA[DBA-LA600S]の前輪のマッドガードです。

 

後輪編はこちら

 

 

はじめに

タントXターボSA(DBA-LA600S)のマッドガード(泥除け)の取り付けは非常に簡単です。
車を改造したことがない人どころか、学生時代工作が苦手だった人でさえ
簡単にとりつけられると思います。
もちろん女性でも簡単ですので
ご自身でとりつけてみてはいかがでしょうか?

お値段も5000円ほどとなっています。


どれくらい簡単かというと、

  1. 今ついているボルトを外す。
  2. 両面テープ(マッドガードについています。)で貼り付ける。
  3. ついていたボルトを付け直す。

たったこれだけです。

説明書だって付いています。
めちゃ簡単です。

ボルトとかわかんない!という方、大丈夫です。
工具も

みたいなスパナがあればいけます。
スパナは買わずに車載工具でもいけるかも?

ディーラーやカーショップ(オートバックスみたいな)等につけてもらった場合は工賃がかかります。
15分で1000~1500円くらいするのでは?

自分で取り付けても15分ほどです。
1500円あればそもそもマッドガード代の1/3は占めることになります。

取り付ける気分になりましたか?
では取り付けの様子です。

前輪側のマッドガードを取り付けます。

まずは、前輪側マッドガードが付いていないときの様子です。

タントXターボSA[DBA-LA600S]の前輪のマッドガード取り付け前です。

横からの図です。
 
それでは取り付けていきましょう。
 
最初にすること、それは…
付いてきた説明書をよく読むことです。
実際のマッドガードや車を見比べながら
取り付けをイメージします。
 
取り付け方が理解できたら取り付けを開始しましょう!
 
まずは、タイヤ側から斜めに覗き込みましょう。
写真のようなボルトが見えてくるはずです。
 
後輪側のマッドガード取り付けと違い、前輪側はボルトで固定されています。

タントXターボSA[DBA-LA600S]の前輪のカバーについているボルトを2箇所外します。

2箇所ボルトがあります。

この2箇所のボルトを外します。
全然固くないので簡単に外せますよ。
万が一ボルトが外せない方は残念ですが諦めて他の方に頼んだほうがよいかと思います…。

次に、購入したマッドガードを用意します。
この時、左右を間違えないように注意してください。

タントXターボSA[DBA-LA600S]の前輪のマッドガードです。

これは前輪左側のマッドガードです。
 
用意できたらこの状態で一度、どのような形で付くのか当ててみましょう。
そうすることで、両面テープで取り付ける際に慌てず済みます。
この時、ボルトを外した穴とマッドガードについている穴がピタッと
一致することを確認しておくのも大切です。

取り付けイメージが出来たら裏返します。
この時、コンクリート等の地面には置かないこと!
せっかくのピカピカ新品が傷ついてしまいます。
今回はタントの助手席の足元に置きました。
トランクが作業しやすくオススメかも…。
 
両面テープの紙(はくり紙)を剥がします。
この時、全て剥がさないよう注意してください。
剥がし方は説明書に載っています。

タントXターボSA[DBA-LA600S]の前輪のマッドガードです。こちらも両面テープがたくさんついています。

両面テープの紙(はくり紙)を剥がします。剥がし忘れ注意!
 
あとは、先ほどの取り付けイメージに合わせて両面テープを付けていきます。
一度つけてしまうと外せないので慎重に!
両面テープが付いたら紙(はくり紙)を剥がしてしっかり押さえます。
押さえたらボルトを取り付けて完了です!

タントXターボSA[DBA-LA600S]の前輪のマッドガードの取り付けです。ついていたボルトを付けます。

ボルトで固定しました。

タントXターボSA[DBA-LA600S]の前輪のマッドガードの取り付け後を横から撮影。

マッドガードを横から見た図です。

簡単お手軽に取り付けが出来たと思います。
もしかしたら後輪よりも前輪のほうが簡単かもしれません。

マッドガードはネットで5000円ほどで購入できます。
使用感については、後輪側よりもさらに意味があったように思います。
今のところ車の横側に泥がズバッと飛んだ後はほぼ付いていません。
見た目は後輪側ほどではありませんが、ちょっぴりおしゃれになったかな、と。
黒色だったこともあり、結構地味です(笑)
 
以上、タントにマッドガードを取り付ける(前輪編)でした。
 
後輪編はコチラ